妊娠線ケアに役立った馬油

No Comments

お腹が大きくなるにつれ、おへその下辺りの痒みが酷くなりました。ネットで調べると、どんどんと大きくなるお腹の皮膚が伸びる過程で痒みを感じることがあるとのこと。そしてホルモンバランスが崩れることで、保湿が上手くいかなくなり、肌の乾燥が酷くなるというのです。

しかも、この乾燥は放置すると妊娠線にも繋がるというじゃありませんか。これは一大事と、ベビーローションを購入して塗りました。ベビーローションを選んだ理由は、赤ちゃん用だったら妊婦が使っても支障はないだろうという安易な考え方から。

でも問題発生です。肌的には問題はありませんでしたが、ニオイがダメでした。無香料とあるのですが、肌に塗った後にはニオイが感じられるのです。

で、1度で断念。
結局、顔のケアに使っていた馬油をお腹にも使うようにしてみました。

2016-07-14_154239

ノコアで妊娠線ケア

顔で実証済みだったので、こちらのニオイはまったく問題なしです。ちょっとペトつく感じもありますが、腹巻をするので洋服には影響ありません。これを入浴後に続けることで、痒みは治まりました。

そして、出産後は少々お腹の肉は弛みましたが、妊娠線はゼロ!これは馬油で適度に保湿できたお蔭だと思います。

しくじったのは、お尻の周りです。ここにもお肉がたくさんついたのですが、痒みを伴わなかったので馬油は塗りませんでした。結果、醜い線が入ってしまったのです。

乾燥や痒みが気にならなくても、妊娠することでサイズアップする場所には保湿ケアをしておいて間違いはありません。お腹、お尻、太ももなどは要注意ですよ!

Categories: 妊娠線

妊娠中は葉酸の摂取に注意

No Comments

2016-07-11_140106

妊娠中に摂取に注意が必要な栄養素が葉酸です。葉酸は細胞分裂に必要で、細胞分裂を活発に行って成長する胎児が葉酸を必要としています。不足すると胎児の神経管閉鎖障害のリスクが高まります。

厚生労働省では妊婦は1日に400μgの葉酸を摂取するように推奨しています。妊娠1か月前から妊娠12週目まで毎日葉酸を400μg摂ってもらった試験では、神経管閉鎖障害のリスクが70%低下したと報告されています。

葉酸は緑黄色野菜野菜に多く含まれています。モロヘイヤ、ほうれん草、ブロッコリー、アスパラなどに多いです。しかし、熱に弱く水に溶けやすい性質があるため、調理の過程で多くが失われてしまいます。損失を防ぐために加熱調理はサッと済ませるようにしましょう。汁ごと摂れるスープなら汁に溶け込んだ葉酸を摂ることができます。ライチや納豆などにも含まれるので、調理せずに食べられるこういった食品も食べれば上手に葉酸を摂れます。

厚生労働省では通常の食事に加え、栄養補助食品から400μgの葉酸を摂取するように勧めています。栄養補助食品とはサプリメントなどのことです。

妊娠中のサプリメントの摂取に心配がある方もいると思いますが、妊婦用の安全なサプリメントもあります。添加物不使用、天然原料使用のサプリメントを選ぶようにしましょう。妊娠中のビタミンAの過剰摂取は胎児への影響があるので、ビタミンAが配合されていないか、配合量が少ないものを選んでください。妊婦用のものはこういった栄養素に配慮がされています。

【関連記事】
コエンザイムQ10の妊活摂取時期と最適な量は?

Categories: 未分類

妊娠線予防コスメは必ず試して使用感を確認するのが大事

No Comments

1年前に第一子を妊娠したときのことです。辛かった悪阻も終わり、妊娠4カ月に入ったころ徐々にお腹も大きくなり始めたので妊娠線のケアを始めました。

妊娠線は一度できたら二度と綺麗に消すことが難しく、予防にはとにかく保湿が大切だと知ったので、妊娠線を予防コスメを口コミサイトで徹底的に調べました。すると、ある海外のオーガニックコスメブランドの妊娠線ケアオイルがとても評価が高かったので、早速インターネットで購入し毎朝晩と塗り始めました。

しかし使用して1週間を過ぎたころ、痒みを伴う小さな赤い湿疹がポツポツとお腹に出来てしまったのです。最初は、別の原因でかぶれているのかと思い使用を止めて様子を見ていたのですが、やはり使用を再開すると同じ症状が出てしまいました。口コミサイトでかなり評価が良く、価格もそれなりに高かったのですが、痒みに耐え切れず泣く泣く使用を中止しました。

2016-06-25_143133

そして別のものを探そうと、今度はベビー用品専門店に行き販売員さんに聞いたところナチュラルマークのママ&キッズというボディクリームが妊娠線の予防にも非常におすすめの商品ということでサンプルをくれました。早速試してみたところ、伸びの良いテクスチャーで、塗った後はとてもしっとりとしてお腹の肌がつやつやと透明感が出るようなとても満足のいく使用感でした。赤ちゃんにも使えるクリームということで匂いも無く、敏感肌の私にもトラブルもありませんでした。結局商品を購入して使い続けましたが、臨月になっても妊娠線は全くできることはありませんでした。今も、子どもの肌が乾燥した時にはボディクリーム代わりに使用しています。

妊娠線予防のコスメは各メーカーから様々な商品が販売されていますが、オーガニックブランドだったり口コミの評価が良かったりしても、自分の肌には合わないこともあるので敏感肌の方は必ず試してから購入することをおすすめします。”

Categories: 妊娠線

妊娠するって簡単なこと?

No Comments

2016-06-25_142758

結婚すると、皆から祝福され楽しい生活が始まります。
確かに、新婚生活は楽しいです。だって門限も無く、親の目も無く気にせずイチャイチャ出来ますよね。その時は、みんなプレッシャーも感じず、楽しめば、いいんですが・・・。

しばらくすると、自分たち、もしくは周りの親だったり会社の人から、子供の話を聞かれるんです。途端に自分にプレッシャーをかけてしまうんです。

妊娠するって簡単な事かも知れない。でも時には、とてつもなく難しい事なんだと思います。期待して生理がくる度に落ち込んでしまう。ますますプレッシャーを自分にかけてしまう。排卵日を計算して計算通り、これで大丈夫。でも、同じ事が繰り返される。

もっと自分に甘くなっていい。責任を感じる事は無いと思います。もっと自分を解放してあげてください。

また、めでたく妊婦になった時も、思いっきり楽しんで下さい。辛い時も有りますが、赤ちゃんがお腹にいる期間は人生においてごくわずかな時間です。穏やかな気持ちで、身体に負担がかからない程度に自分の好きな事をして不安やストレス、プレッシャーから自分を解放してあげてください。

赤ちゃんを産むと言う事は世の中の母親が既にみんな経験してきたことです。だから簡単な事なんです。そう思って下さい。確かに言うほど簡単では無いかも知れません。でもそれは、長い子育てに比べれば、あっという間の事です。

自分が、その時だけ頑張ればいいんです。その時が来れば、誰だって不安もあります。だから、みんな一緒だから、プレッシャーから自分を解放してあげてください。もっと楽しんで下さい。同じゴールにたどり着くなら、楽しく行かなきゃ。

結果はどうあれ、その時その時を楽しんだ者が勝ちです。誰に勝ってる訳ではありませんが、その時にしか経験出来ない事を満喫するということが幸せな事なのかも知れません。それは何においても言えることなのかも知れません。少し偉そうに書いてしまいました。ごめんなさい。だけど、楽しい時間を皆さんに送って貰いたいと思います。

Categories: 妊娠と出産

婦宝当帰膠で妊活!元気な女の子を出産できました

No Comments

私は初めて生理が始まった時から生理痛が激しく、鎮痛剤を飲んでも学校を休まなければならないほどひどい痛みに毎月苦しんでいました。母親も妹も同じだったので体質なのかと思い長年耐えてきました。それほどまでにひどい生理痛は異常なのだと気付いたのは、結婚して赤ちゃんを望んでもすぐには授からずにイスクラの漢方薬局を訪れた時でした。

漢方の考えでは生理痛は無いのが当たり前で、血の巡りの悪さが関わり生理痛を引き起こしているということでした。私は血が不足しているために生理痛が起こったり、赤ちゃんが授かりにくくなっているということで血を補う漢方薬を飲んで体質改善をすることになりました。

2016-06-16_144424

私が処方して貰った漢方薬は婦宝当帰膠というもので、当帰をはじめとして気血を補う9種類の生薬が配合されています。貧血・冷え症・肩こり・頭痛・生理不順など女性特有の諸症状にも用いられています。

この漢方薬を飲み始めてすぐに以前から気になっていた月経前の不正出血がなくなりました。そして生理痛もましになるかと期待していたのですが、それを確かめる前になんと漢方薬を飲み始めてわずか1ヶ月で赤ちゃんを授かることが出来たのです。漢方薬は時間がかかるイメージでしたが人にもよるみたいで私にはすぐに効果がありました。

その後も、妊娠してすぐに出血があり切羽流産と診断されてしまったので漢方薬局に相談に行くと、婦宝当帰膠を飲んでいると流産の予防にもなるとアドバイスがあったので妊娠6ヶ月まで飲んでいました。

その甲斐あって元気な女の子を出産することが出来ました。そしてあんなに悩まされていた生理痛も産後全くなくなっていました。妊活には漢方薬で体質改善することも効果的だと実感したのです。

Categories: 妊娠と出産

産休直前に突然の切迫早産!

No Comments

2016-06-16_144109

20代後半に妊娠して、出産しました。産休に入るぎりぎりまでフルタイムで働いていたため、妊娠中はなかなか大変でした。

でも一番大変だったのは、産休に入る直前に切迫早産と診断されたときです。あと一週間で産休、というときになって、検診で切迫早産だと診断されてしまいました。医師からは仕事は休んで家で絶対安静、と言われたのですが、当時田舎に住んでいてこれから実家で里帰り出産する予定だったんです。実家とは飛行機で1時間くらいの距離。帰ろうかここで産もうかと悩んだのですが、初めての出産で頼る人もない田舎で出産することの方が不安で、とりあえず急いで里帰りすることに決めました。

おなかの張りを止める飲み薬を飲んで、なんとか無事に里帰りできました。実家近くの産婦人科で診察してもらったら、今度は入院することになりました。自宅での安静では足りないということだったんですね。病院では24時間、おなかの張りを止める薬を点滴し、ベッドの上で絶対安静でした。幸いトイレに立つことはできたので、それは良かったのですが。人によってはトイレもベッドの近くでしなければならない人もいるそうですから・・・。

結局臨月に入るまで、約1か月間そんな入院生活が続きました。産休に入って、赤ちゃんのものを用意したり、ゆっくり楽しんでマタニティライフを過ごすつもりが、想定外でした。でも、なんとか早産にならず健康な赤ちゃんを産むことができた。それだけでもありがたいことですね。仕事をしていると、自分の身体の変化に気づきにくいような気がします。妊娠中は赤ちゃんのためにも、自分の身体のことにいつもより意識を向けてあげないといけないな、と痛感しました。

Categories: 妊娠と出産