妊娠線ケアに役立った馬油

No Comments

お腹が大きくなるにつれ、おへその下辺りの痒みが酷くなりました。ネットで調べると、どんどんと大きくなるお腹の皮膚が伸びる過程で痒みを感じることがあるとのこと。そしてホルモンバランスが崩れることで、保湿が上手くいかなくなり、肌の乾燥が酷くなるというのです。

しかも、この乾燥は放置すると妊娠線にも繋がるというじゃありませんか。これは一大事と、ベビーローションを購入して塗りました。ベビーローションを選んだ理由は、赤ちゃん用だったら妊婦が使っても支障はないだろうという安易な考え方から。

でも問題発生です。肌的には問題はありませんでしたが、ニオイがダメでした。無香料とあるのですが、肌に塗った後にはニオイが感じられるのです。

で、1度で断念。
結局、顔のケアに使っていた馬油をお腹にも使うようにしてみました。

2016-07-14_154239

顔で実証済みだったので、こちらのニオイはまったく問題なしです。ちょっとペトつく感じもありますが、腹巻をするので洋服には影響ありません。これを入浴後に続けることで、痒みは治まりました。

そして、出産後は少々お腹の肉は弛みましたが、妊娠線はゼロ!これは馬油で適度に保湿できたお蔭だと思います。

しくじったのは、お尻の周りです。ここにもお肉がたくさんついたのですが、痒みを伴わなかったので馬油は塗りませんでした。結果、醜い線が入ってしまったのです。

乾燥や痒みが気にならなくても、妊娠することでサイズアップする場所には保湿ケアをしておいて間違いはありません。お腹、お尻、太ももなどは要注意ですよ!

Categories: 妊娠線